リースのしくみ

このページでは、リースの仕組みについて詳しくご説明いたします。

リース契約のしくみ

リースとはお客さまがご入り用の設備を当社が購入し、それを一定期間にわたって貸し出しする取引のことです。
リースなら、月々一定のリース料の支払いで済み、大切な資金を投資や開発などにご活用いただけます。

お客さまがご選択された設備を大阪ガスファイナンスがお客さまに代わって購入し、賃貸借する契約

リースのメリット

1.設備導入資金の初期負担を大幅に軽減できます。
購入では一時に多額の資金が必要になりますが、リースなら月々のリース料で必要な設備を導入でき、 余剰資金を運転資金や付加設備購入などに活用できます。
2.リース料は毎月一定額なのでコスト把握が簡単です。
毎月のリース料は一定額ですので、コストの把握も簡単・正確にでき、金利変動リスクも回避できます。
3.リース期間に応じ、費用の平準化が図れます。
購入の場合は法定耐用年数により償却処理を行いますが、リースならリース期間(使用期間)に応じて定額で費用化が図れます。
4.管理事務の負担を軽減できます。
リースをご利用いただくと、購入の場合に必要となる、資金調達、固定資産税の申告・納付、損害保険の付保、物件の廃棄手続などの管理事務を削減することができます 。
5.所有に比べ設備の陳腐化が防げます。
最新の機器、設備の新陳代謝は急速です。リースなら手軽に利用して、機器、設備の陳腐化が防げ、常に最新設備を利用できます。

リースについてよくあるご質問

お客さまからさまざまなお問い合せをいただいた内容をもとに、よくあるものをご紹介しお答えさせていただいております。 その他のご質問については個々にご説明させていただきますのでお気軽にお問合せ下さい。

Q.リース物件の対象となるものは?
A.情報関連機器から工作設備等、ほとんどの動産が対象となります。但し、建物などの不動産や建物付属設備に該当するものなどは原則対象となりません。
Q.契約期間中のリース物件は誰のものになりますか?
A.リース物件の所有権はリース期間中・リース終了後もリース会社にあります。
Q.途中解約はできますか?
A.リース契約は途中解約することはできません。
Q.リースの適正期間は何年ですか?
A.物件の法定耐用年数に基づき適正リース期間が決まります。物件の法定耐用年数の70%以上(法定耐用年数が10年以上の場合は、60%以上)が適正リース期間となります。
Q.基本リース期間が満了した後、引き続きリース物件を使用したい場合には、どうすればよいのですか?
A.リース期間満了の数ヶ月前に弊社からお客さまに「リース満了のご案内」を送付致しますので、引き続き、使用するか、リース契約を終了させるかを選択し指定期日までに弊社にお申し出ください。なお、リース契約は物件を「貸します」「借ります」という賃貸借契約を基本としていますから、当初の約定期間が終了してもリース物件の所有権はお客さまに移転いたしません。再リース契約を締結することが必要です。
Q.基本リース期間が満了し、引き続き使用したいので再リースすることにしました。この場合、再リース料はどのように支払うのですか?
A.通常、再リース契約の期間は1年契約となっており、その料金は、原則基本リース期間中の年間リース料の1/10となります。 そして、この再リース料は一括してお支払いしていただきます。再リース料のお支払いには便利な口座振替制度をおすすめいたします。再リース1年後に引き続き使用したい場合は、再度、1年間の再リース契約を締結することになります。なお、お客さまの都合により、再リース契約を中途で解約してもお支払済みの再リース料は返還されません。
Q.リース期間満了に伴って、リース物件を大阪ガスファイナンスに返還することにしました。この場合、返還する費用は誰が負担するのですか?
A.リース物件は、弊社の指定する場所へ返還いただきますが 、リース物件の返還に要する費用はお客さまのご負担となります。
Q.今回リース契約を終了させ、リース物件を大阪ガスファイナンスに返還することにしました。その際に、自社用資産の予備品とするため、リース物件の一部を返還せず手元に残すことはできますか?
A.リース物件はリース会社が所有しているものであり、物件は現状有姿での返還を要しますので、その部品をお客さまの手元に残すことはできません。また、お客さまが弊社に無断でリース物件に付着させた部品等についても、弊社の所有物となりますので、これも同様です。

ご契約手続きの流れ

リースについてのご契約手続きの流れをご説明いたします。

お問い合わせ
①お客さまと販売店の間で、物件を選定し、仕様・価格・納期等を決定していただきます。
リース料等の見積書提示
②お客さまと販売店で決定された条件とお支払期間をもとに月々のお支払額を算出し、
お客さまへ見積書を提示します。
申込審査
③与信申込書ならびに審査時必要書類等をご提出いただきます。
④その内容に基づき、お客さまの審査をさせていただきます。
ご契約物件発注
⑤お客さま・大阪ガスファイナンス間で契約の締結を行います。
⑥販売店へ物件を発注します。
納品物件検収
⑦物件は、注文書に基づき、販売店より納品されます。
⑧納品後、物件の検収を行っていただきます。
物件代金支払 お支払開始
⑨販売店へは物件代金を一括してお支払いたします。
⑩お客さまご指定の金融機関から毎月口座振替をさせていただきます。

リースの会計と税務

●平成19年3月30日に企業会計基準委員会より
「リース取引に関する会計基準」及び「リース取引に関する会計基準の適用指針」が公表されました。
●平成19年度税制改正により法人税法・法人税法施行令等リース取引関連税制の規定が改正されました。
 

新リース会計・税制についてpdf

お気軽にお問い合わせください

平日9:00~17:40

大阪ガスファイナンス フリーコール0120-334244

お問い合わせ

設備リース

TOPへ