社員を知る
法人ファイナンス部 阿形 早苗

「約600億円の資金調達」
という重要な仕事をまかされて

PEOPLE01

阿形 早苗

Sanae Agata

法人ファイナンス部2011年入社

SPECIAL MOVIE

数値を扱う仕事から営業まで、幅広い業務を担当

私は現在、法人ファイナンス部に所属しており、主に決算数値(売上や経費等)の集計・分析を行い、幹部への説明や、部内の会議資料の作成を担当しています。また、大阪ガス向けの通信機器のリース申込~請求までの業務や、グループ会社の営業担当等も担当しており、数値を扱う仕事から営業担当まで幅広い仕事を任せてもらっています。

決算数値は億単位の数値を扱います。これは会社の業績や営業の目標達成度等、色々なところに関わってくる大切な数値なので、「なにか数値におかしい動きはないか?」「例月と比べて差異が大きいところはないか?」などをしっかりとチェックしなくてはいけません。まだまだ勉強中ですので、毎月の資料作成は学ぶところばかりです。

また、大阪ガスとの会議に出席したり契約のために関係会社に訪問したりと、営業業務も担当しています。営業担当者として、何か困ったことがあったときに相談していただきやすいような関係作りを心掛けています。

入社4年目で、約600億円の資金調達を担当

入社4~6年目は金融機関から資金を調達する業務を行っており、約600億円を「どのような方法で調達するか?」を考え、銀行等の金融機関と交渉していました。ここで調達した資金を元手に、リースの物件代金支払や分割払いの立替払いを行うため、メーカーでいうと「仕入」に当たる重要な仕事です。

担当になった当初は、言われるがまま会議資料を作成し役員会議に臨んでいたのですが、「この資金調達方法が良い」というはっきりとした根拠を説明できなかったり、資料を見ないと数値の意味が分からなかったりと苦戦していました。

ある日社長から「常に数字の意味を考えていれば、その先がおのずと見えてくる」とアドバイスをいただき、そこからは会議資料に掲載する数値について自分なりに解釈するように努め、その結果として、資金調達に関する社内規則をまとめるに至りました。

このことを通じて、常に任されている仕事の意味を考え、「もっと良い方法はないか」と主体的に仕事に取り組む大切さを学びました。

新しいサービスやスキームを作り出し、
世の中に提供できる面白さ

現在、私は法人向けファイナンス業務全般に携わっていますが、大阪ガスファイナンスの面白さの1つは、大阪ガスやグループ会社と組むことによって、「ファイナンス」の枠を超えて新しいサービスやスキームを作り出し、世の中に提供できることです。

また、この点はガスの全面自由化を迎えた今、大阪ガスファイナンスの強みでもあると感じています。大阪ガスは自由化を契機に、お客さまに選ばれ続けるために提供するサービスの幅を広げています。大阪ガスファイナンスはグループの一員として、大阪ガスそしてグループ会社がお客さまに選ばれるためのさまざまなサービスに対して、ファイナンスを通じて貢献することができます。

それだけに、仕事は金融業務の枠を超えて多岐に渡りますし、次々と新しい仕事が生まれています。今後は今までの経験を生かしながら、「なぜこの仕事をしているのか」を意識して業務を理解し、主体的に取り組むことで法人ファイナンス部の発展を支えていきたいと思っています。

CAREER STEP

  • 2011年~

    営業事務グループ配属

    個人向けの分割払・リースの受付・審査を担当

  • 2014年~

    総務部

    資金調達、新卒採用、全社資料の作成を担当。タブレット申込システム導入プロジェクトにも参加、社外向け利用マニュアルの作成を担当

  • 2017年~

    法人ファイナンス部

    決算数値の分析・資料作成、事務業務、営業業務など幅広く担当

ONE DAY SCHEDULE

  • 9:00 会議資料準備

    社内会議のために資料を準備

  • 10:00 社内会議

    法人ファイナンス部  マネジャー会議に出席

  • 13:00 営業訪問

    契約締結のためグループ会社を訪問

  • 15:00 訪問資料整理

    訪問先からいただいた契約書類を関連部署に連携

  • 18:00 退社

    退社後は習い事へ

SPECIAL CONTENTS