社員を知る
法人ファイナンス部 藤津 裕子

「よろこび」と「成功体験」を糧に、
困難な時こそ立ち止まらない

PEOPLE05

藤津 裕子

Yuko Fujitsu

法人ファイナンス部2018年入社

SPECIAL MOVIE

お客さまと直接お会いし、接点が持てる仕事

担当の業務として、設備導入をお考えの法人や個人事業主のお客さまに対して、リース・割賦などのファイナンス提案を行っています。大阪ガスのグループ会社として空調やコージェネレーション設備など大型のガス設備を取り扱うことが多いですが、もちろんガス設備以外もご提案商材の一つです。

入社2年目ということもあり、まだまだ分からないことの連続ですが、そこで立ち止まらずに、先輩に尋ねたり、過去の資料を読み返してみたりと、常に仕事に取り組む姿勢として「スピード」を大切にしています。

お客さまへのご提案から実際の設備導入に至るまで、時間がかかることが多く、苦労することもありますが、お客さまの元に無事、設備が導入された時には、「お役に立てて良かった!」と嬉しくなり、次への意欲が湧いてきます。設備を導入される様々な業種の企業さまと直接お会いし接点を持てる点も、この仕事のやりがいの一つだと感じています。

入社半年で、大規模プロジェクトに参加

入社半年で、約50校の公立学校にリースで空調を導入するという数十億円規模のプロジェクトに参加することになりました。企画提案書の作成から施工会社さまとの工期の調整、社内決裁の手続き、プレゼンテーションまで一連の業務を担当しました。全てが初めての経験で何度も行き詰まり、その都度挫けそうになりました。そんな時、上司から「困難な時こそ、立ち止まってはいけない。小さな一歩でも必ずゴールに近づくから。」とアドバイスを頂きました。その後も上司や先輩、またパートナー企業さまなど周囲からのサポートのおかげでなんとか乗り越えることができ、競合他社もある中で無事成約を勝ち取ることができました。実際に導入された設備を確認しに行き、お客さまに喜んでいただけたときには、とてもやりがいを感じました。

今後もこの経験を忘れず、困難な案件にも向き合っていきたいです。

ファイナンスのプロとして、
全ての人から頼りにされる人材を目指して

現業務では、企業のご担当者さまに会計・税務処理のポイントを説明したり、国の補助金の活用をおすすめする場面が多くあります。法人営業の担当者は、金融の知識だけではなく法律や会計などの知識も必要ですし、刻々と変わっていく補助金制度や法律に対してアンテナを高く張っていなくてはなりません。また、ファイナンスのプロとして、お客さまからもそういった知識の提供者であることが求められています。そのためには、お客さまからの質問で答えられなかったことはすぐに調べて自分なりにまとめたり、また、先輩社員と営業先に同行する際には、先輩の営業トークから知識を吸収したりと、常に次に活かせるよう心がけています。

お客さまのお役に立てたという、「よろこび」と「成功体験」を糧に、これからも多くの知識を身に付け、全ての人から頼りにされる人材になることを目指しています。

CAREER STEP

  • 2018年4月~

    法人ファイナンス部配属

    半年間のOJT新入社員研修後、部署に配属。企業さまに先輩と同行し営業方法を学ぶ

  • 2018年10月~

    営業の担当エリアを持つ

    担当エリアを持ち1人で営業開始担当エリアを割り当てられ、1人で営業先を訪問するようになる。大規模プロジェクトにも参加

  • 2019年4月~

    担当企業件数が増える

    営業担当先が増える先輩から担当先を引き継ぎ、担当企業件数が増える

ONE DAY SCHEDULE

  • 09:00 営業訪問(営業先へ直行)

    大阪ガスや関連会社からご紹介いただいた企業さまへ訪問。ご提案を行う

  • 10:45 物件確認

    契約書通りにリース物件が納品されているか確認。写真撮影や物件管理用のシールを貼る作業を行う

  • 12:00 移動・昼休憩

    一旦、本社に帰社。途中で昼ごはんを食べる

  • 13:00 帰社後、メールチェック、資料作成

    契約に関する決裁書や、お客さまへの提案資料を作成

  • 15:30 施工会社さまとのプロジェクト会議

    施工会社さまを訪問し、プロジェクト会議に参加

  • 17:35 帰社・案件進捗状況の確認

    上司や先輩に案件の進捗状況を共有

  • 18:40 退社

    学生時代から続けている音楽活動を行うことも

SPECIAL CONTENTS